ニュースリリース

  • ホーム
  • トピックス
  • コンバーティング業・フィルム製造加工業専用統合基幹業務システム「UP-One」と生産スケジューラ「FLEXSCHE」の連携サービス提供開始

宇部情報システム、コンバーティング業・フィルム製造加工業専用統合基幹業務システム「UP-One」と生産スケジューラ「FLEXSCHE」の連携サービス提供開始
生産計画・工程計画の変更をシステムが自動で実施

2022年3月29日

株式会社宇部情報システム(本社:山口県宇部市、代表取締役社長:辰己尚久)は、コンバーティング業・フィルム製造加工業専用統合基幹業務システム「UP-One」と生産スケジューラ「FLEXSCHE」をシステム連携する仕組みを開発、2022年4月1日より新サービスとして提供を開始します。「UP-One」既存ユーザの企業規模拡大に伴い、自動スケジューラのニーズが顕在化しつつあることから、当サービスの投資開発・提供実現に至りました。

「UP-One」と「FLEXSCHE」を連携することにより、各種制約(工程間の制約:前工程の完了予定を考慮して次工程以降を計画する等、機械ごとの制約:形態によって使用できる製袋機を分ける・エージング時間を考慮してスケジューリングする等)を考慮した計画の自動作成・調整が可能となり、時間と手間を削減することができます。加えて、計画業務の標準化による属人化の解消も期待できます。 当サービスを提供することで、「UP-One」ユーザの課題を解消し、ユーザ企業の更なる発展に貢献できると考えております。また、既存ユーザだけではなく、これから統合基幹業務システムの導入やリプレイスなどを検討される企業様においても、「UP-One」x「FLEXSCHE」ならではのより柔軟なご提案ができることが期待できます。

創業以来、長年に渡り製造業をはじめとする企業を支援してきた宇部情報システムは、蓄積してきた知識とノウハウに日々進化する新しいITテクノロジーを併せて、製造業に限らずさまざまな業種の企業発展に寄与すべく、今後もお客様のお役に立てるソリューションを提供してまいります。

【自動スケジューラ連携(FLEXSCHE)概要】
生産計画調整・日次計画はFLEXSCHEで対応(UP-Oneでは対応不要)

詳しくはこちら https://www.uis-inf.co.jp/up-one/linkage/flexsche.html

UP-Oneについて
コンバーティング企業(軟包装・高機能フィルム加工)、フィルム原反製造加工企業の業務に特化した統合業務パッケージソフト。販売管理・購買管理・生産管理・在庫管理・原価管理等の機能を持ち、原反製造・グラビア印刷・コーティング等の工程管理が可能。原反製造・印刷・ラミネート・スリット・製袋などの工程マスタを標準装備。
製品サイト:https://www.uis-inf.co.jp/up-one/
FLEXSCHEについて
多品種少量生産、迅速な納期回答、頻繁に変わる生産計画等、生産現場の課題に柔軟に対応する、新世代の生産スケジューラ(生産計画立案システム)。
製品サイト:https://www.uis-inf.co.jp/flexsche/
※「FLEXSCHE」および「フレクシェ」は株式会社フレクシェの登録商標です
宇部情報システムについて
称号 株式会社宇部情報システム
代表者 代表取締役社長 辰己 尚久
所在地 〒755-8622 山口県宇部市相生町8番1号 宇部興産ビル
設立 1983年9月16日
資本金 1億円
URL https://www.uis-inf.co.jp/
本リリースに関するお問い合わせ
株式会社宇部情報システム 営業本部 営業企画室(担当:杉村)
〒755-8622 山口県宇部市相生町8番1号 宇部興産ビル14階
TEL:

お問い合わせはこちら