寸法測定システム

寸法測定システムとは、カメラで写した映像を解析し、物体の寸法を計測するシステムです。
測定手法、測定ポイントを規準(値)としてあらかじめ登録し、瞬時に寸法を測定できるとともに、手作業による測定誤差を減らします。各種対象の「外形・長さ(距離 & 幅)・ピッチ」などの計測に合わせ、高精度な良否判定機能も備えたシステムです

検査対象 電子部品(LED、リード、基板)、包装/容器(プラスチック容器・ガラス瓶)
検査内容 寸法、リード形状

外観検査自動化の成功事例をまとめました

まずは資料請求 ▶

欠陥イメージ |Defect Image

  • エッジ検出

    (1)エッジ検出

    画像中の物体の境界を検出します。
    サブピクセル処理を行い、高精度でのエッジ検出が可能です。

  • next
  • 近似処理

    (2)近似処理

    検出したエッジから、各種形状へ近似処理を行います。
    異常エッジ除外などを行い高精度な近似処理を行います。

  • next
  • 測定処理

    (3)測定処理

    近似したデータを用い、さまざまな幾何学計算から寸法を測定します。

機能 |Function

エッジ検出

任意の測定ポイントを設置し、さまざまな形状に追従するエッジを認識します。

  • 直線形状エッジ検出
  • 多角形形状エッジ検出
  • 円形状エッジ検出 など

幾何学計算

点・直線・円などを組み合わせて、任意形状を算出します。

  • 2直線交点
  • 1点と直線から垂線作成
  • 外接円/内接円の算出

位置決め機能

パターンマッチングやエッジ情報などを用いて位置決めを行い、回転ワークに対しても追従して測定処理を行います。

近似処理

エッジ情報から点・直線・円などの任意形状へ近似処理を行います。

  • 直線近似
  • 正円/楕円近似
  • N次曲線近似 など

測定処理

点・直線・円などを組み合わせて、寸法値を算出します。

  • 2点間距離
  • 1点と直線距離(垂直距離)
  • 2直線の角度 など

キャリブレーション

画像分解能をあらかじめ算出しておけば、寸法測定結果を実際の寸法値で表示できます。
(設定されない場合の測定結果は、画素単位となります)

スペック |Spec

対応OS Microsoft® Windows® 10 64bit
外部ユニット制御(PLC) DIO、LANまたはRS232C通信にて制御可能
多品種対応
  • 標準で100種類の検査設定の保存が可能(拡張可能)
  • 品種間での設定コピーが可能

お問い合わせ・資料請求

9:00~17:00(土日祝・年末年始除く)


ページトップへ