社宅制度

社宅制度の導入を検討したい!

新たに借り上げ社宅制度の導入を検討したいけど、どう進めればよいのでしょうか。

借り上げ社宅制度導入の流れを簡単に説明します。

1.導入計画を立てる
いつから借り上げ社宅制度をはじめるかを決め、予算取りを行います。
2.社宅規程を作る
入居関連
入居対象ケース(入社・赴任など)・同居条件(本人のみ・家族含など)などを記載します。
費用関連
社宅に関わる費用(引越費用・敷金・礼金・家賃・共益費など)を会社と社員(入居者)のどちらが負担するのか、負担割合などを記載します。
退去関連
退去事由・退去期限などを記載します。
その他
トラブル回避のためにも、入居時の禁止事項(転貸・改変など)や損害賠償責任を記載します。
3.運営方法を検討する
社宅管理業務を、社内管理するのか社宅代行サービスを利用するかを決定します。
社内管理の場合、業務内容を洗い出し(契約管理・家賃支払・支払調書作成など)、実際に担当する人を決定します。
4.従業員の同意を取り付ける
従業員(組合)に社宅制度に関して説明を行い、同意を取り付けます。
5.必要書類の準備
社宅利用申請書、社宅解約申請書等の必要書類を準備します。

社宅規程案も含め、さらに詳しく解説した特集ページを開設しています。こちらもぜひご覧ください。

ページトップへ