社宅制度

社宅制度のメリットについて知りたい!

社宅制度の導入には、どのようなメリットがあるのでしょうか。

社宅制度のメリットは、従業員の満足度や生産性向上が期待できることです。社宅制度の導入は、従業員にとっては住居費の負担軽減、可処分所得の増加というメリットをもたらします。その結果、従業員には経済的な余裕が生まれます。また、工場などの深夜勤務が発生するような職場や長距離通勤が多い職場では、職場の近くに社宅を用意しておくことで従業員の通勤にかかる負担も軽減できるでしょう。転居を伴う異動が多い場合は、転居に伴う賃貸契約を企業が代行することで従業員の負担を軽くできます。
このように、社宅制度の導入は、従業員にさまざまな負担の軽減をもたらします。その結果、企業に対する満足度やロイヤルティ、ひいては生産性の向上が期待できます。対外的には、「働きやすい企業」としてイメージアップにつながり、雇用促進にもつながります。
他にも企業側のメリットとしては、財務上の効果も挙げられます。社宅の費用は福利厚生費となることから経費とすることができます。ただし、下の項目でも触れていますが、社有社宅の場合には不動産として管理することになり、稼働が有効な場合には優良な資産となりますが、老朽化や不動産価値により、そのメリットが変動するといった注意点があります。

従業員側のメリット 企業側のメリット
  • 住居費の負担が軽減可処分所得の増加
  • 通勤時間の短縮通勤の負担軽減
  • 転居時の手続き等の負担軽減
  • 従業員の満足度・ロイヤルティ向上
  • 従業員の生産性向上
  • 企業のブランド力向上
  • 財務上の効果(福利厚生費として計上)

ページトップへ