製造現場での実績収集・在庫管理・スケジューラ連携を
シンプルな機能で実現します!

製造業向けパッケージソリューション「CompactEye(コンパクトアイ)」

CompactEye(コンパクトアイ)は、実績収集・在庫管理・生産計画の3つの機能の部品を組み合わせることによりPDCAサイクルを回せる仕組みを提供します。PDCAを回し計画・生産を見直すことで競争力の向上を図ることができるようになります。
各機能は、個別での導入も可能となっていますので低価格でのシステム構築を実現します。
また、他システムとの連携も容易となっています

CompactEye スケジューラの連携機能
FLEXSCHEとの実績収集、在庫管理連携を実現することにより作業進捗を考慮した再スケジューリング、原料在庫を考慮してのスケジューリング等を可能とします。
CompactEye 実績収集
タッチパネルを利用することで、実績を手軽・確実に収集できます。作業の開始・終了時刻、良品・不良品の出来高数量等の実績が収集可能です。
CompactEye 在庫管理
ハンディターミナルを使用し原材料・中間品・製品の在庫及びロケーション管理を実現します。
システム概要

課題と導入の効果

現状と課題

  • 現場で簡単に作業実績を取ることができない。
  • 作業実績を早く収集することができない。
  • 中間品の置き場管理ができない。
  • 中間品の正確な把握ができない。
  • 実績ベースの在庫管理ができない。
  • スケジューラに実績の反映ができない。

CompactEye の導入

CompactEye導入による効果

  • タッチパネルで簡単に作業実績を入力することができます。
  • 作業開始、終了をそれぞれのタイミングで入力することで、正確な実績収集ができます。また、タイムラグの無い実績の収集が可能です。
  • 置き場を考慮して受払いを行いますので置き場管理が可能となります。
  • タッチパネルを使用して受払い入力を行いますので間違いの少ない在庫管理ができます。
  • 実績収集とスケジューラの連携が可能ですので、タッチパネルからの実績をもとにスケジューリングを行うことが可能です。

CompactEye スケジューラの連携機能

CompactEye 機能

スケジューラと、実績収集システム・在庫管理システムとのデータ連携機能を備えています。

(1)作業指示情報出力 作業指示情報を実績収集システムへ送信
(2)実績情報取込 実績収集システムから作業実績情報を受信
(3)在庫情報取込 在庫管理システムから入出庫情報を受信
(4)作業指示書発行 作業指示書をExcel®形式で発行

CompactEyeでは、生産計画を行うためのシステムとして、株式会社フレクシェのFLEXSCHE(フレクシェ)を使用しています。

FLEXSCHEの特長

  • 多様な製造業のニーズに適応可能な柔軟性
  • ユーザーインターフェースの使い易さと充実した機能
  • カスタマイズの容易性

FLEXSCHEのサイトはこちら

スケジューラ連携による効果

FLEXSCHEと在庫管理システムとの連携により、原料、中間品、製品の予定在庫の把握が可能です。

スケジューラ連携

スケジューリングルール設定機能

FLEXSCHEのスケジューリングルール設定機能により、中間品の在庫削減を目指した計画立案が可能です。

スケジューラ連携

実績収集

簡単操作で、作業の開始・終了および出来高数を収集

   
  • 前段取開始、前段取終了の日時登録 (段取日時の登録は任意)
  • 作業開始、作業終了の日時登録
  • 良品出来高数、不良出来高数の登録
  • 1作業指示に対して、複数回の実績登録が可能(例:1日目の実績、2日目の実績をそれぞれ登録)
実績収集画面

作業指示の確認

   
  • 外部システムから取込んだ作業指示情報を一覧で検索・表示
  • 作業を開始する指示を選択して、実績登録を開始
作業指示一覧画面

実績情報の検索・訂正(パソコン画面)

   
  • 作業現場に設置したタッチパネルから収集した実績情報を一括して、検索・一覧表示
  • 収集された実績情報を管理者のパソコンから訂正可能
実績の一覧検索画面画面

※タッチパネルで用意されている画面は、通常のパソコンでも利用可能。

在庫管理

シンプルで分かりやすい在庫管理機能

   
  • 品目、ロット、置場別管理に対応した在庫管理機能
  • 現品管理主体のシンプルな機能構成
  • 置場は2階層での登録が可能となっており、複数倉庫の在庫管理に対応
  • 入出庫、振替の履歴が時系列で照会可能
  • 在庫締め機能により、月次決算による月末在庫数量の確定が可能
  • 短期の導入期間で正確な在庫量が把握可能
在庫一覧画面 入出庫一覧画面

入出庫登録の精度向上

   
  • 一次元バーコードラベルによる現品管理
  • ハンディターミナル使用により現場で正確かつ簡単に入出庫登録が可能
現品ラベル

業務に合わせて柔軟にカスタマイズが可能

   
  • 販売、生産系システムとの連動によるタイムリーな入出庫把握
  • 業務に適合した他のソリューションとの連携により導入効果増大

導入スケジュール

ご検討手順

導入ステップ

導入スケジュール(サンプル)

導入スケジュール

※カスタマイズの内容等によって、期間は変わります。詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせはこちら