検査データ収集システム

検査データ収集システムとは、URCPの検査アプリケーションからリアルタイムで検査結果データを収集し管理できるシステムです。
データ収集中でも過去の検査履歴を参照することができます。また、生産情報と連携させることで、過去の検査履歴データを容易に参照することができます。

検査イメージ |Inspection Image

概要
複数台の画像処理装置の検査結果を、検査データ収集システムへリアルタイムに収集します。

機能 |Function

検査データ画面
検査データ画面

他システムとの連携により、検査履歴が参照可能

検査データに生産情報(生産計画システムの計画数や生産数など)を紐つけながら、収集していきます。そのため、過去の検査履歴を簡単に検索・表示できます。過去の検査NG画像を表示させ、比較しながら検査データ収集を行うことも可能です。

データ集計機能あり、作業日報を出力可能

データ集計機能を搭載しております。収集した検査データを日々や月次などの単位で集計し、作業日報などの報告資料として出力することができます。
カスタマイズにより、お客さま特有の帳票を出力することができます。

通信仕様

当社の画像処理システム専用インターフェース(通信方法:EthernetによるTCP/IP 通信)

スペック |Spec

対応OS Microsoft® Windows® 10 64bit
外部ユニット制御(PLC) DIO、LANまたはRS232C通信にて制御可能

お問い合わせ・資料請求

9:00~17:00(土日祝・年末年始除く)


ページトップへ