容器外観検査システム

容器外観検査システムとは、容器を回転させながら外観を撮像し、画像を分析し欠陥を検出するシステムです。エリアセンサカメラとラインセンサカメラを組み合わせることにより、内面、外面、側面の全面検査を実現しています。また、画像処理を高速でおこなうため、全数検査にも対応できます。

検査対象 包装/容器(プラスチック容器・ガラス瓶・樹脂容器・紙容器・発砲スチロール容器)
検査内容 バリ、キズ、異物、印字、ボイド、ピンホール、穴、突起、黒点、寸法、欠け、変色、印刷かすれ、印刷にじみ、印刷ズレ、汚れ、シワ

外観検査自動化の成功事例をまとめました

まずは資料請求 ▶

欠陥イメージ |Defect Image

欠陥イメージ

動画でご紹介 -容器外観検査システム-

容器外観検査システム(YouTube)

検査イメージ |Inspection Image

概要
  • (1)容器の内面、外面をエリアセンサカメラで
    撮像し欠陥をチェック
  • (2)容器を回転させながら側面をラインセンサ
    カメラで撮像し欠陥をチェック

機能 |Function

内面・外面検査

カメラ 500万画素カラーCCDカメラ
分解能 0.1mm/画素
検査精度 φ0.3mm以上の不良を検出
内面・外面検査

側面検査

カメラ 4,096画素CMOSカメラ
分解能 0.04mm/画素
検査精度 φ0.12mm以上の不良を検出
側面検査

多種の検査機能搭載による、高い汎用性

エッジ検出、直線近似、楕円近似、マスク処理、フィルタ処理、2値化などを組合せて独自の検査処理を設定できます。

フィルタ処理

不良に縦長などの特徴がある場合は、フィルタ処理で欠陥箇所を強調することが可能

フィルタ処理

欠け検査

容器外形の近似楕円と容器端の幅を計測し、欠けを検出

欠け検査

スペック |Spec

対応OS Microsoft® Windows® 10 64bit
外部ユニット制御(PLC) DIO、LANまたはRS232C通信にて制御可能
多品種対応
  • 標準で100種類の検査設定の保存が可能(拡張可能)
  • 品種間での設定コピーが可能

お問い合わせ・資料請求

9:00~17:00(土日祝・年末年始除く)


ページトップへ