コラム

コラム一覧

外観検査に関するコラムです。

外観検査とは?目的や方法、自動化のポイントを解説

外観検査とは?目的や方法、自動化のポイントを解説

製造業における外観検査とは、製品や部品の状態や欠陥の有無をチェックし、不良品の発生を防ぐ重要な工程です。

詳細はこちら

   

目視検査の課題と対策とは?外観検査装置による自動化で生産性を向上

目視検査の課題と対策とは?外観検査装置による自動化で生産性を向上

製造業の品質管理で重要な工程である外観検査。その方法の1つが、人の目による目視検査です。現在も広く実施されていますが、目視検査には品質のバラツキや人手不足による人件費高騰などさまざまな課題があります。

詳細はこちら

              

画像認識を活用した外観検査の仕組みとは

画像認識を活用した外観検査の仕組みとは

製造業における外観検査でも、カメラを用いた自動検査の活用が進んでいます。その検査には、製品の不具合を発見するために画像認識の技術が利用されています。

詳細はこちら

                  

外観検査に活用される画像処理システムの仕組みを解説

外観検査に活用される画像処理システムの仕組みを解説

製造業の品質管理で重要な工程である外観検査。省人化による生産性向上や品質向上を目的として、従来の目視検査から、画像認識技術を活用した外観検査装置を用いた自動化が進んでいます。

詳細はこちら

    

画像検査で外観検査自動化を実現。導入の流れと活用事例を紹介

パターン外観検査システム

画像処理技術やAIの発展、カメラやセンサなどの性能向上によって、画像を用いた画像検査が普及しています。製造業では画像検査は外観検査自動化の手段として注目され、目視検査に代わる品質管理手段として導入企業が増加しています。

詳細はこちら

                  

品質検査とは外観検査自動化のメリットを解説

超音波探傷システム

品質とは、顧客が要求する性質や性能を指します。顧客の品質基準を満たすことで商品が選ばれ、売上につながるため、製造業で品質管理は重要な業務です。それだけでなく、品質が基準を満たさない製品を流通させてしまうと、社会的信用を失い、経済的な損失を生むことさえあります。

詳細はこちら

AI外観検査とは?特徴やメリット、導入手順を紹介

超音波探傷システム

外観検査は製造業において、製品や部品の状態異常や不良を発見し、品質を維持するために重要な工程です。最近は人による目視検査に代わり、外観検査装置を利用した自動化が進んでいます。その中でも、注目が高まっているのが「AI外観検査」です。

詳細はこちら

外観検査装置とは?種類や自社に最適な製品の選び方を解説

外観検査装置とは?種類や自社に最適な製品の選び方を解説

製造業の品質管理に不可欠である外観検査。近年は、人による目視検査から画像認識技術を利用した自動化が進んでいます。自動化に用いられるのが、外観検査装置です。

詳細はこちら

品質を支える半導体検査装置の役割を解説。検査項目に応じた機器選びが重要

品質を支える半導体検査装置の役割を解説。検査項目に応じた機器選びが重要

半導体は電気を通す物質(導体)と電気を通さない物質(絶縁体)の中間の性質を持つ、電流制御をおこなう電子部品です。

詳細はこちら

非破壊検査とは?メリット・デメリット、製造現場での活用法を紹介

寸法測定システム

非破壊検査とは、検査対象物を損壊することなく内部の良品・不良品を判定する検査方法のことです。製造業の検査の手法として広く採用されています。

詳細はこちら

 

お問い合わせ・資料請求

9:00~17:00(土日祝・年末年始除く)


ページトップへ