2020年4月
UP-One
新バージョン登場

2020年4月、フィルム原反製造加工・コンバーティング業界向け統合基幹システム「UP-One」に新たな機能が追加されます。

マーク

インフレ工程に対応

「UP-One」Web版に、ご要望の多かった「インフレ工程」を追加しました。
インフレ工程を手掛けるお客様にも便利にお使いいただけるシステムになります。
インフレーション
マーク

機能・画面・帳票(一部)
カスタマイズ可能に

生産指示・出荷指示機能の使用有無が選択可能に

受注情報を登録後、システムが生産指示データ・出荷指示データを自動作成することで、工程をスキップすることができます。

システムフロー

汎用項目情報を画面に表示

画面に表示したい汎用項目を、自由に設定できます。

【例)売上登録画面】

汎用項目

帳票のデータ表示箇所が設定可能に

Excel®で作成された帳票テンプレートに対し、画面でデータの出力箇所をセル単位で設定し、出力できます。
対象:送付状、請求書、注文書、納品書、支給伝票

データ表示箇所を自由に設定
マーク

承認機能の追加

承認機能が追加されます。承認なし設定も可能です。
対象:製品マスタ、売価マスタ、仕入単価マスタ、販売契約マスタ、購買契約マスタ、見積

【例)見積】

システムフロー
マーク

出力可能データの増加

さまざまなデータをCSV出力できるようになります。
そのデータを活用し、統計資料の作成等にご利用いただけます。
出力するデータは、お客様で自由に選択できます。
ダウンロード
マーク

装置の生産実績データを取り込み可能に

生産機等から取得した生産実績データ(CSV)を、「UP-One」に取り込んで利用できる仕組みを実装しました。
生産実績入力作業の省力化をはかります。
装置実績データ連携
マーク

多言語対応

日本語に加え、英語表記、中国語表記が可能になりました。

お問い合わせはこちら

TEL. (9:00〜17:00 土・日・祝・年末年始を除く)

お名前 必須
会社名 必須
メールアドレス 必須
お問い合わせ内容
プライバシーポリシー 必須 当社の「個人情報の取り扱いについて」に同意する

ページトップへ