UP-One導入事例 クラフツ株式会社様

UP-One導入事例 クラフツ株式会社様

パッケージとして基本機能が備わっており、他社製品よりも安価。
更に弊社仕様にカスタマイズしていただいたので、使いやすく満足しています。

クラフツ株式会社
システムご担当者様

大和産業株式会社

食品パッケージをはじめ、軟包装パッケージの製造・販売を手掛けるクラフツ株式会社は、2009年に「UP-One」を導入。独自の業務工程に合うようカスタマイズし、現在も多様化する顧客要望に合わせ必要に応じ機能追加をしています。使い続けて10年、現在のシステムご担当者様にお話を伺いました。

クラフツ株式会社

  • パッケージ企画、軟包装パッケージの製造・販売
  • 創業:1933年
  • 本社:東京
  • 売上高:119億円

食品パッケージを中心に、サニタリー・容器ラベルなど多種多様な商品を提供。印刷技術においても、顧客企業からデザインの再現性に対し高い評価を得ている。2013年より海外進出を果たし、その売上も120%を超える伸びを見せている。「Beyond Package !」のビジョンのもと、包装材を越えた付加価値を提供することを目指す。社名は「クラフトマンシップを大切に、職人の技術を磨き、手工芸品のようなモノづくりをしたい」ということから2015年に「クラフツ株式会社」に変更。

この記事のポイント!

課題
・タイムリーに状況が把握できない
・限られた担当者のみ入力業務を行っており、作業が属人化している
導入期間
2009年7月~2010年3月(約8ヵ月)
導入効果
・同時に複数人が利用できるシステムなので、ロスタイムがなくなった
・ロット単位での管理ができるようになった
・タイムリーに正しい情報を取得できるので、ミス低減につながった

「UP-One」の導入効果

 
2009年から「UP-One」を使われていますが、いかがですか?
導入以来、今日まで大きな問題もなく、大変満足しています。生産工程では、今、何がどこにあるのか、どんな状態なのか、在庫がどのくらいあるのか、実績がどのくらい上がっているか、状況を把握することができます。正確な情報をタイムリーに得られるので、間違いにもすぐ対処でき、結果として品質アップにもつながりました。
導入前はどのような課題がありましたか?
それまでは、他社のオフコンのシステムを導入していたのですが、一度に1人しかシステムを使用することができませんでした。例えば、「誰かが製品マスタを登録している間は、他の人は出荷指示ができない」といった状況で、タイムロスが生じていました。また、手書きの伝票の内容をシステムに入力するために、本社・関東工場にそれぞれ1人ずつ専属のシステム入力担当者がいましたが、入力操作が難しく別の要員で対応する場合、大変時間がかかっていました。将来的にも、このままでは業務に支障が出ると感じていました。
導入効果には満足されていますか?
特に以下の3点については、顧客へのサービス向上や運用にフィットしたシステムを目的とした機能改善を行い、大きな導入効果が得られたと感じています。      
(1)ハンディターミナル(HHT)を活用した原紙入荷処理・棚番(番地)管理
導入前:原紙の入荷予定表を元に現物との照合を行った後、事務所で入荷の入力作業を行うため、同じような作業を重複して行う必要があり、作業効率が悪かった。
また、入荷入力までタイムラグがあり、在庫がリアルタイムで反映されていなかった。
効果:「UP-One」で入荷予定表に印字したQRコードを入荷場所でHHTでスキャンする事で、即時に入荷処理が可能となり、作業効率と在庫のリアルタイム性が向上した。
さらに今まで台帳で管理していた立体倉庫の棚番(番地)をシステムで管理できるようになったため、簡単に原紙の場所が把握できるようになった。
(2)生産予定組みのシステム化と原紙ピッキング表の自動化
導入前:Excel®で作成した生産予定組みをもとに、「UP-One」で原紙在庫を確認し、別途手動でピッキング表を作成していた為、作業に時間がかかっていた。
効果:生産予定組みをExcel®から「UP-One」に切り替えたことで、使用原紙との紐付け、さらには自動でピッキング表の作成・出力までを「UP-One」でできるようになった。
これにより作業時間を約2時間/日短縮することができた。
(3)在庫評価計算が素早く正確
導入前:毎月在庫確定後に必要データをExcel®に出力して加工集計していたため、結果を求めるまでにかなりの時間を要し、担当者への負担が大きかった。
効果:「UP-One」に入力した結果から自動で評価計算を行うため、早く正確に在庫評価金額を把握することができるようになった。また、ボタン一つで計算結果が出力されるため、担当者の負担軽減にもつながった。

「UP-One」の導入経緯

クラフ株式会社 関東工場
クラフツ株式会社 関東工場
「UP-One」をどこでお知りになったのですか?
当時の担当者が、展示会で宇部情報システムの方と名刺交換をしました。
「UP-One」が決め手となった要因は何ですか?
同業で「UP-One」を導入している企業があったので、見学に行きました。「UP-One」を使用している様子を見た時、時代の最先端を行っているという印象を受けました。
その企業内でも「UP-One」は評判が良く、この見学を経て、導入意欲が高まりました。
「UP-One」以外にも検討されたシステムはありましたか?
他2社と「UP-One」とを、比較検討しました。最低限必要な基本機能が最初から搭載されている上に一番安価だったので、「UP-One」に決めました。社内での採決もスムーズでした。他の製品は、スクラッチ開発品で1から作るものでしたので、かなり高価でした。
使い慣れたシステムが変わるということで、反対の声などはありませんでしたか?
反対はありませんでしたが、長年使用してきたシステムが変わるわけで、やはり最初は使いづらさもあったようです。それまでがキーボード入力のみだったので、マウスが使いづらいという声はありましたが、すぐに慣れたようです。

「UP-One」導入プロジェクト

導入を振り返ってみて大変だったことはありましたか?
正直、マスタの登録と旧システムからの在庫情報の移行は大変でした。マスタ登録は登録方法の教育も受け、週次で宇部情報システムさんと進捗を共有しながら作業を進めました。一部は人を雇って対応したり、休日出勤をしたこともありました。
しかし、導入後のメリットが大きかったので、苦労したことも今は良い思い出です。

宇部情報システムへの評価と期待

「UP-One」導入後のアフターフォローはいかがですか?
担当のSEがすぐに対応してくださいます。分からないことはすぐ調査してくださいますし、回答も早いため、大きな問題もなく運用ができています。
「UP-One」導入を検討していた当初は、担当者が山口県とのことで、問題発生時の対応に関して、距離的な不安がありました。しかし、素早いレスポンスで対応をしていただいたため、現在では全く気になりません。
担当SEの対応はいかがですか?
本当に我々のことを考えて、提案してくださいます。内心SEというのは、自分の考えを押し通したり、専門用語を多用したり、気難しい方が多いという印象を持っていました。しかし、宇部情報システムの方は説明も丁寧で分かり易く、気軽に相談ができます。良い方に担当していただけて、本当によかったです。
今後、宇部情報システムに期待されることがあれば教えてください。
これからも、より効率的なシステムを開発し続けていかれることを期待しています。また、よいシステムを提案していただければと思います。

クラフツ株式会社のみなさま、お忙しい中、インタビューにお答えいただきありがとうございました。(取材年月:2018年12月)

お問い合わせ next システム導入についてのご相談、見積依頼、その他お困りごとについて、お気軽にご相談ください。

   
     

お電話でのお問い合わせ

  • お電話でのお問い合わせ
  • 【受付時間】9:00~17:00
    (土・日・祝・年末年始除く)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームへ
 

ページトップへ