UIS 株式会社宇部情報システム
  • TOP
  • - コンサルティング

コンサルティング

適切な目標設定のためのコンサルティング。お客様の生産計画立案業務を支援します!

ゴール設定支援サービス

生産計画業務において、お悩み・課題、または原因がわからないけどうまくいかない…そんなことはありませんか?ゴール(目標)を設定し、それに向けて潜在・顕在している問題・課題を解決!お客様の業務を支援します。

こんなこと、ありませんか?

  • スケジューラを導入したけど、効果が出ない
  • 生産計画業務を改善したいけど、どの部分を改善すべきか分からない
  • 計画担当者の負荷が高く、常に残業している
  • 計画通りに生産ができず、納期遅れが発生している
  • 生産現場に課題はありそうだが、具体的にわからない
  • 生産計画システム導入の前に、社内の課題を整理し現場の認識を合わせたい
  • 業務効率化のためにシステム化を行うはずが、いつのまにかシステムを導入することがゴールになってしまう

1つでも当てはまったら・・・UISにお任せください!

まずはお気軽にお問い合わせください

ご相談はこちら(無料)

なぜゴール設定が必要なのか

計画立案業務は、関連するシステムが多く、問題の原因を容易に見つけることは困難です。また、相互のデータの関連性が強く、スケジューラのみでの問題解決は難しいのが実情です。そのため、問題の要因を明確にした上で、優先順位をつけ、解決策を策定するべきです。
また、システム開発の現場においては、詳細設計時に当初の目的以上の仕様が追加されやすく、それが原因で稼働開始の遅れ、予算オーバーが発生することがあります。最初から、本来具備すべき業務、機能を考慮した必要最小限の業務仕様でまとめることが必要です。そうすることで、開発時のブレを抑制し、運用開始の遅れ、費用増大を防止することができます。
明確なゴール設定をすることで、生産現場の業務改善および円滑なシステム化が行えます。

 
ゴール設定支援サービス

ゴール設定までのルートマップ

以下のルートマップに従い、分析・計画を行い、達成目標の設定・実施計画の作成を行います。

ルートマップ

例えば・・・ 1-7 達成目標の設定 フェーズでは、以下について検討します

1-7 達成目標の設定
重要成功要因の特定
何ができれば問題が解決するか
解決策は具体化されているか
実行可能な目標となっているか
各対策の貢献度確認
実現可能性確認
貢献度の評価
依存関係の確認
当面の対応として、実施すべき目標の決定
実現可能で、効果がある実施手順の設定

お問い合わせはこちら

ページトップへ