Mold-Link for Diecasting

Mold-Link for Diecasting

Mold-Link for Diecastingは解析精度の向上を目的とした、鋳造データを解析にフィードバックするためのシステムです。
鋳造トライ(試作)後に行う解析による対策検討は、設計段階の解析と比較すると、より高い実際の現象の再現性を求められます。そうした要求レベルの高い解析を実施するためには、解析モデルは勿論のこと、解析条件に関しても、より実際の鋳造状態を反映したものを準備することが必要不可欠となります。しかしながら、一般的に利用されている解析条件の多くは鋳造条件表等をベースとしています。これらの条件は実際の鋳造におけるダイカストマシンの挙動データとは一致しないことが多々あります。
Mold-Link for Diecastingでは、こうした問題点を打開し、解析精度の向上を目的とした鋳造データの解析条件化を手軽にかつ簡単に行うことができます。

Mold-Link for Diecasting解析機能

ADSTEFAN解析パラメータへの対応

Mold-Link for Diecastingによって解析条件化された実際のダイカストマシンの挙動は、ADSTEFANのマクロを利用することで自動的に解析条件として設定できます。

ダイカストマシン設定仕様

ストローク/速度

解析設定仕様

充填率/速度
時間/速度

コントロールモニター画面の数値化

Mold-Link for Diecasting ではWave Reader機能を利用すればダイカストマシンコントローラの画面ハードコピーやデジタルカメラでの撮影画像から、必要なデータを取り出し簡単に条件化できます。条件化することで、ADSTEFANで利用することができます。

金型冷却スプレー条件設定

Mold-Link for Diecasting ではスプレーの噴射経路を簡単に条件化できます。条件化したデータをADSTEFANに読み込み、条件設定を行うことができます。

ADSTEFANのことなら、UISにお気軽にお問い合わせください

ご質問・ご相談・お見積りの依頼など、気になることはお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

9:00~17:00(土・日・祝・年末年始除く)

ページ
トップへ