ADSTEFANのよくあるご質問

ADSTEFANに関するよくお寄せいただくご質問をまとめました。
こちらで解決しない場合は、当社までお気軽にお問い合わせください。(お問い合わせ先はこちら

Q.ADSTEFANの対応OSは?
A.Windows® 7 Professional、Windows® 7 Professional ×64 Edition、Windows® 10 Pro、Linux® RedHat 7.3(×32)以降、Linux® RedHat 7.3 ×64以降、CentOS6.4となります。その他の推奨動作環境についてはこちらをご参照ください。
Q.ADSTEFANの対応している言語は?
A.日本語、英語、中国語、タイ語、韓国語に対応しています。
Q.CAD形状の読み込み形式ファイルは?
A.STL形式のみの取り扱いとなります。
Q.ADSTEFANの結果を他の汎用CAEソフトと連携できますか?
A.ADSTEFANで得られた温度結果はFEMファイルにマッピングし、出力することができます。出力はANSYS、Nastranのファイル形式に対応しています。これらのファイル形式が利用できるCAEソフトであれば、連携することができます。
Q.契約時にはどのようなサポートが受けられますか?
A.以下のサポートをご用意しております。
バージョンアップ版の無償提供
ユーザ様のご意見や最新の技術を反映した機能拡張版などをタイムリーにご提供いたします
ご契約ユーザ様専用お問い合わせ窓口
ご契約ユーザ様専用サイトのWebフォーム・メール・電話にてお問い合わせを受け付け、当社専門の技術スタッフによるサポートをご提供いたします
ユーザ会の開催(1回/年)
業界の最新技術動向やADSTEFAN活用事例のご紹介をはじめ、次期バージョンのリリース予定やサポート状況のご報告など、鋳造に係わるさまざまな情報交流の有効な機会としてご活用いただいております
技術セミナーの開催(主要3地域毎1回/年)
最新バージョンのご提供に合わせて、国内外数箇所にて開催しております
Q.導入時や操作方法についてはどのような支援をしてもらえますか?
A.導入ご検討の際に、ご希望があればお客様の実際のデータを利用してシミュレーションを行うベンチマークを実施しております。
導入後には、実際に利用できるまでの動作教育も実施いたします。
操作方法は、ソフト内にヘルプ機能を実装し、キーワード検索による機能の詳細説明をご用意しております。ご契約ユーザ様専用サイトでは各種チュートリアルをダウンロードいただけます。
Q.材料データベースには何種類くらいの材料が準備されていますか?
A.豊富な材料データベースを標準装備しています。
アルミニウム系(AC4C、ADC12等)、鉄・鋼系(FC、FCD等)また鋳型等(SKD61、生型、冷金等)、参考資料を含め約170種類以上のデータを準備しております。データベース内から材料を選択するだけで、初期値として物性値を自動設定することができます。

ADSTEFANのことなら、UISにお気軽にお問い合わせください

ご質問・ご相談・お見積りの依頼など、気になることはお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

9:00~17:00(土・日・祝・年末年始除く)

ページ
トップへ