ADSTEFAN(アドステファン)とは?

ADSTEFANは東北大学・産学協同プロジェクト「鋳造CAE研究会(STEFAN)」と鋳造30余社のベテラン技術者のノウハウを結集し、7年間の歳月を経て開発された研究成果を技術移転機関(TLO)である株式会社東北テクノアーチを通じ製品化された信頼性の高い鋳造シミュレーションシステムです。

※ ADSTEFANは株式会社日立産業制御ソリューションズの登録商標です

こんなお悩み、ありませんか?

  • 金型設計に膨大な時間と費用がかかっている
  • 鋳造製品の品質が安定しない
  • 勘と経験に頼った鋳造から脱却したい
  • 鋳造シミュレーションを行っているが、時間がかかったり、結果が現実と合っていない

ADSTEFAN特長

「ADSTEFAN」は、迅速かつ再現性の高いシミュレーションを実施するための鋳造支援ツールです。シミュレーション結果を視覚的にわかりやすく表現することができます。
鋳造欠陥予測、金型設計、開発期間短縮、鋳造技術の蓄積など、多方面で活躍でき、鋳造現場全体で利用できる支援ツールです。

解析スピード
ADSTEFANは業界内で最も速い解析時間で、再現性の高い鋳造現象を表現できます。
簡単操作
ADSTEFANは形状作成―条件設定―解析実行―結果評価までスムーズに操作でき、多くのお客様にご愛用いただいております。
高精度で再現性の高い解析結果
実現象とシミュレーションとの比較検証を豊富に行ったことで、独自の解法を開発。解析の高精度化を実現しました。
均等直行差分要素ではやや弱かった傾斜や曲面の流動直進性に関しても、高精度湯流れ機能により大幅に改善されました。
さまざまな鋳造プロセスに対応
ダイカスト(スクイズ、半凝固)、重力鋳造(砂型・金型)、低圧鋳造、傾斜鋳造、遠心鋳造、精密鋳造、ロストワックス鋳造、エレクトロスラグ再溶解法(ESR)などさまざまな鋳造プロセスに対応しています。
専門的な技術サポートのご提供
ADSTEFANでお困りのことはもちろんのこと、鋳造に関する専門的な質問にも専属の技術サポート員が迅速かつ丁寧に対応させていただきます。
  
  

ADSTEFAN動作環境

  対応OS 対応言語
対応OS・言語 Windows® 7 Professional
Windows® 7 Professional x64 Edition
Windows® 10 Pro
日本語
英語
中国語
Linux® RedHat7.3(x32)以降
Linux® RedHat7.3 x64以降
CentOS6.4
英語
  推奨ハードウェア構成
CPU

Intel®:開発コード「Nehalem-EP」採用プロセッサ

  • Intel Core® i7(CPU当たり最大4コア)
  • Xeon 5500番台(Intel Core® i7の複数CPU対応版)

Intel®:開発コード「Westmere-EP」採用プロセッサ(2010年3月発売)

  • Intel® Xeon® 5600番台(5500番台の後継)
  • コア数:6コア/CPU、性能:5500番台に対し1.5倍

AMD PhenomⅡなど
IBM® POWER5など

搭載メモリ容量 2GB以上(32bit機)
8GB以上(64bit機)
* 注:64bit機のアドレス空間を活用できる容量が望ましい。
ハードディスク容量 80GB以上
その他 CD-ROMドライブ装置
  

ADSTEFANのことなら、UISにお気軽にお問い合わせください

ご質問・ご相談・お見積りの依頼など、気になることはお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

9:00~17:00(土・日・祝・年末年始除く)

ページ
トップへ